猫舌ヨーロッパ見聞録

猫舌ヨーロッパ見聞録

ヨーロッパ駐在生活と、猫・語学・旅行などについて書いていきます。

旅のアイデア・世界の車窓から

今日はCar-free Sundayということで、街は静かです。うちの前の通りも車通りが無いので、実質歩行者天国状態。何軒かの家でガレージセールをやっていました。

f:id:PommePommeRingo:20210920005409j:image

こういうのを見ると、たまにはこんな日があってもいいな、と思いますね。(関連記事↓)

pomme-voyage-langue-de-chat.hatenablog.com

 

遠出もできないので、今日は昼間からワインを飲みながらアマゾンプライムビデオを見ています。何を見ているかというと、「世界の車窓から」

今アマプラでは、「世界の車窓から」の特別編集版が見られます。国・地域別の素材がひとまとめになっていて、1話1時間くらいで見ることができるんです。

試しにベネルクス三国の回(第10話)を見てみたんですが、なんかすごい良かったです。アムステルダムから始まり、ベルギーを通ってルクセンブルクまで行く行程なんですが、名前は知ってるけど素通りしていた街の見どころを知れたり、行ったことがある街を見たことのない観点から見られたり、新たな発見がたくさんありました。

 

ベルギーだと、アントワープ、メヘレン、ブリュッセル、ゲント、ブルージュ、オステンド、トゥルネー、モンス、ベルトリ(オルヴァル修道院)、ナミュール、ディナンあたりが取り上げられてたかな?

最近は少し見慣れてしまっていたブリュッセルのグラン・プラスですが、日本のテレビ番組のフィルターを通して見ると改めてその素晴らしさを再認識できました。確かに、初めてグラン・プラスに行ったときはすごく感動したなー、と。

メヘレンの鐘楼のカリヨンは、カリヨン学校の校長先生が鳴らしているとか、謎の豆知識も仕入れられました笑。

 

何より良いなと思うのは、カメラに映る現地の人たちが皆愛想よく、生き生きと楽しそうなこと。もちろんそういう場面だけを編集しているんでしょうが、やっぱり街に活気があるのは良いことですね。この話の収録時期はどうも2007年の5月頃のようなんですが、イロ・サクレ地区のレストラン通りに人が溢れていて、マスクを着けている人は一人もおらず、なんだか隔世の感です。

最近はだいぶ街の人通りも戻ってきましたが、観光客の数は以前に比べて格段に少ないですからね。早く大手を振って旅行できる日々が戻ってきてほしいものです(まぁ我が家は今もバンバン旅行してるんですが)。

f:id:PommePommeRingo:20210920005828j:image

 

この「世界の車窓から」シリーズ、旅行先を決める上での資料としても便利だな、と思いました。街の雰囲気とか、映像で見ると具体的なイメージも湧きやすいですしね。今はグラナダの方に行ってみたいなーと思っているので、アンダルシア回も見てみようと思います。あとはポーランドとかも気になるなぁ。

 

せっかくヨーロッパに住んでいるので、今のうちに行けるところは行っとかないとな、と気持ちを新たにした次第です。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しているので、良ければ↓のバナーをクリックしてもらえると励みになります!

 

 

 

 

明日はCar-free Sundayです!(50記事目)

昨日のドタバタから一夜明け、なんとか抗生物質も効いてくれたようで、連れ合いの歯の痛みは多少マシになりました(それでもまだ痛み止めは手放せませんが)。

昨日の話は↓

pomme-voyage-langue-de-chat.hatenablog.com

 

天気が良かったので、今日は車でオランダのアウトレットまで買い物にいってきました。連れ合いも本調子ではないので明日にしようかとも思ったんですが、明日はCar-free Sundayだということを思い出したからです(アウトレットについての記事はまた別の機会に書こうと思います)。

 

Car-free Sundayは、ブリュッセル市が市民の公共交通機関の利用を促進するために、日中の市内での一般車両の通行を禁止する日。毎年この時期の日曜日に一度だけ実施されます。ヨーロッパの他の都市でもやっている取り組みみたいですね。

Mobility Week and Car Free Sunday 2021 | City of Brussels

 

ということで、明日19日の午前9時半〜午後7時の間はブリュッセルでは車に乗れません!みなさん気をつけましょう。

 

話は変わりますが、この記事が本ブログの50個目の記事になります。6月下旬からブログを始めてちょうど3ヶ月。ブログを始めた人のうち3ヶ月続くのは1〜2割とも言われているので、まぁ自分なりに頑張れたんじゃないでしょうか。

おかげさまで毎日20〜30くらいの閲覧数はもらえるようになってきているので、これからも読んでもらう人に少しでも楽しんでもらえるような記事を書いていきたいと思います。

f:id:PommePommeRingo:20210919033801j:image

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しているので、良ければ↓のバナーをクリックしてもらえると励みになります!

 

人生で一番の痛み。

今日は大変な一日でした。というか、現在進行形で大変です。

 

昨日の朝から連れ合いが歯が痛いと言っていたので、来週行きつけの歯医者に行く予約を取っていたんですが、昨晩急に症状が悪化。痛み止めにロキソニンを飲んでもなかなか寝付けず。一晩経っても痛みが全く引かないので、今朝急遽歯医者に行くことにしました。

 

時刻は朝8時。まず行きつけの歯医者に予約を早められないか聞いてみましたが、今週はもう一杯で無理とのこと。仕方なく、既に営業開始している歯医者で良さそうなところ、かつ英語が通じそうなところに片っ端から電話をかけていきます。しかしながら、どこもなかなか当日の飛び込みではアポが取れず(「今日中にキャンセルが出て枠が空いたら電話します!」と言ってくれたところはありましたが…)。

7軒ほど電話したところで、ようやく当日1時に診察OKのところがあり、予約。車で10分ほどのところでした。

 

1時ちょっと前に病院に着きましたが、ここからが長かった!なぜか担当の先生が遅れているとのことで、結局40分くらい待たされました。横で泣きながら痛がっている連れ合いがかわいそうで仕方ありません。

ようやく先生(女性)が現れ、診察開始。レントゲンを撮ったところ気になった部分があったとのことで、その分野の治療に詳しい他の先生(男性)も呼んで、診察が行われます。どうやら、かなり昔(8年前くらい)に根管治療した部分が感染症を起こして膿が溜まっており、それが痛みの原因になっているらしい。

今すぐ治療してほしかったんですが、今は膿が奥の方に溜まっており、治療しようとしても痛みでどうにもならないだろうから、先に抗生物質を飲んで膿を出す必要があるとのこと。ここで連れ合いが絶望の表情。既に死ぬほど痛いのに、来週まで治療ができないとは…

 

しかし抗議してもどうにもならず、おとなしく抗生物質と痛み止め(ロキソニンとは別のやつ)を処方してもらい、帰途に着きました。

帰ってから痛み止めを飲みましたが、飲んだ直後はやや痛みが治まるものの効果は長続きせず。連れ合い曰く「人生で一番の痛み」「牡蠣にあたったときの数倍のつらさ」「これが拷問なら、全て洗いざらい吐くくらいの苦しみ」がすぐにぶり返してくるようです。横で見ていてもかわいそうで仕方ありません。

 

夜は離乳食みたいな雑炊を作って食べさせましたが、果たして明日はどうなっているのか。抗生物質が効いてくれることを祈ります。皆さんも、歯科検診は定期的に行くようにしましょう!

 

一応読者の方にも役立つ情報を、ということで、歯医者に行ったときに役立つかもしれない英単語をいくつか。

 

orthodontics 歯列矯正

endodontics 歯内治療

root canal treatment 根管治療

pus 膿

 

TOEFLでも出てこないような単語ですね笑

 

f:id:PommePommeRingo:20210918054547j:plain

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しているので、良ければ↓のバナーをクリックしてもらえると励みになります!

 

衝動買いの末路

最高にイカしたキャットタワーを買いました!

こちらです。

f:id:PommePommeRingo:20210917015206j:image

 

先日ストッケルに出かける用事があったんですが、たまたま立ち寄ったTom&Co(ペット用品店)でこのキャットタワーを見つけて夫婦で一目惚れ。帰ってから早速Amazonフランスで注文しました。

 

この面構えが良いですよね。

f:id:PommePommeRingo:20210917035847j:image

 

これ、実は首と脚が爪研ぎになってます。尻尾は弾力があるので、猫がパンチすると不規則に動きます。

猫たちも気に入ってくれたようで、よく遊んでくれます。いやー、良い買い物しました笑

f:id:PommePommeRingo:20210917034135j:image
f:id:PommePommeRingo:20210917034129j:image

 

ちなみに、Amazonの方が店頭での値段より20ユーロ以上安かったです。

 

ベルギーにはAmazonが無いので、オンラインで買い物をする時はお隣のAmazonフランスやAmazonドイツを使うことが結構あります。

 

キャットタワーは、フランス語だとArbre à chat。直訳するとcat treeです。一方ドイツ語だとKratzbaumということが多いみたいです。こちらは直訳するとscratch tree。微妙に表現が変わりますね。

ついでに書くと、フランス語で猫の爪研ぎはgriffoirと言います。"ひっかく"という意味の動詞grifferからの派生語です。

 

ネットで商品を検索する時は、こういう単語を知ってると便利ですね。

 

以上、短いですが今日はこの辺で。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しているので、良ければ↓のバナーをクリックしてもらえると励みになります!

 

いつやるの?日本の入国制限”適正化”

ちょうどこのブログで日本の入国制限に関する愚痴を書いていたころ、↓のニュースが飛び込んできました。経団連が、入国制限の適正化(隔離期間の短縮やワクチン接種者の隔離免除)を求める提言を行う、という内容です。

news.yahoo.co.jp

 

やったぜ経団連!て感じですね。これで少しは日本政府も制限緩和に向けてねじを巻くのではないでしょうか。まぁ経団連の提言の目的はビジネス面の活性化にあるんでしょうが、こちらとしては結果オーライです。

経団連の提言全文は↓にあります。

経団連:Withコロナにおける社会経済活動の活性化に向けた提言 (2021-09-14)

 

具体的にいつ制限緩和されるのか?についてですが、私個人としては衆院選が終わるまでは何も動かないんじゃないかと思っています。入国制限を”緩和”するとなると、感染拡大を恐れた国民の反発が予測されるので、選挙を控えた自民党がわざわざ動くとは思えないからです。

衆院選の時期については、↓の見立てが出ていますね。

jp.reuters.com

 

11月前半に衆院選をやったとして、組閣後入国制限緩和に動き出すのは早くて12月?年末年始に間に合うかは微妙ですね…まぁ、そもそも自民党が政権与党を維持できなかったらそれどころじゃないかもしれませんが…笑

 

EUのワクチンパスポートと互換性を持たせる仕組み作りとか、もう何か着手してるのかな。きっとしてないんだろうな… いずれにしても、なるべく早く事が運ぶことを祈って待ちましょう。

 

関連記事は↓

pomme-voyage-langue-de-chat.hatenablog.com

 

f:id:PommePommeRingo:20210916000630j:image

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しているので、良ければ↓のバナーをクリックしていただけると励みになります!

 

 

 

ポルトガルで食べたもの・飲んだもの(2019年3月)

3泊4日ポルトガル旅行振り返り、今回はポルトガルで食べたもの・飲んだものを振り返っていきます。

関連記事は↓

3泊4日ポルトガル旅行の思い出①ポルト(2019年3月) - 猫舌ヨーロッパ見聞録

3泊4日ポルトガル旅行の思い出②リスボン(2019年3月) - 猫舌ヨーロッパ見聞録

3泊4日ポルトガル旅行の思い出③シントラ&ロカ岬(2019年3月) - 猫舌ヨーロッパ見聞録

 

ポルトのタコ料理

ポルトガルで是非食べたかったのが、タコ料理。ヨーロッパではタコを食べない国が多いですが、海の幸が豊富に取れるポルトガルはタコもいろんな調理方法で食べられています。

ポルトで有名なタコ料理のレストランが、高速鉄道が発着するカンパニャン駅の近くにあるCasa Aleixo。日本のメディアでも紹介されたことがあるらしく、日本人の知名度も高いです。このお店、残念ながらパンデミックの影響で2020年に閉鎖してしまったらしく、現在は利用できません。とても素敵なお店だったので、残念です涙。

 

私たちがこのレストランで頼んだのは、タコのカルパッチョと、タコ飯とタコのフライが載ったプレート。タコ尽くしです笑。ハウスワイン(白)のハーフボトルも一緒に。

f:id:PommePommeRingo:20210915070143j:image

カルパッチョは洗練された味付け。反対にタコ飯とフライはなんだか懐かしい感じで、どちらもおいしかったです。

 

 

ポルトガルのお酒、ポルトワインとジンジーニャ

↑のCasa Aleixoで食後酒に頂いたのが、ポルト名物ポルトワイン。ワインの発酵途中にブランデーを加えた酒精強化ワインです。アルコール度数は20度前後と食後酒としてはそこまで度数が高くなく、飲み口も甘く飲みやすいのでデザート感覚で飲めました。

f:id:PommePommeRingo:20210915070214j:image

 

もう一つ、ポルトガルで有名なお酒が、サクランボから作るリキュールのジンジーニャ。こちらはリスボンの特産品です。

このお酒の有名な飲み方は、チョコレートでできたカップに注いで飲むスタイル。ジンジーニャをちびちびやりつつ、こぼれないようにカップを少しずつかじっていくんです。もともとブランデーベースの甘いお酒なので、チョコとの相性もばっちり。旅行中、市場の露店や屋台で3回くらい飲んじゃいました笑

f:id:PommePommeRingo:20210915071307j:image

 

やっぱり旅行に行ったらその土地の名物を飲むのが醍醐味ですね。

 

とにかく安い!ポルトガルワイン

リキュールだけでなく、ポルトガルはワインの産地としても有名!しかも何より値段がめちゃくちゃ安いんです。レストランでも、ハウスワインだとフルボトル(750ml)で5ユーロとか7ユーロ、ハーフボトルで3ユーロとかがざら。我々も普段はグラスで頼むことが多いんですが、ポルトガル旅行中はいつもハーフボトルを頼んでいました。

特に試してほしいのが、ヴィーニョ・ヴェルデ(Vinho Verde)。直訳すると”緑のワイン”。ほんのり発泡を感じる爽やかな飲み口の白ワインです。

細かい産地やブドウの種類については、↓のサイトが詳しいです。

ポルトガルワイン - 主要産地の特徴とおすすめ銘柄 | エノテカ - ワイン通販

 

名物エッグタルト!パステル・デ・ナタ

ポルトガルのスイーツと言えば、エッグタルト。現地ではパステル・デ・ナタ(Pastel de Nata)とか、単にナタとか呼ばれます。カスタードクリーム入りの丸くて小さなタルトで、本当にどこでも売ってます。値段も安くて1つ1~2ユーロくらいなので、ちょっとしたスキマ時間にカフェに入ってはナタを食べてました。旅行中3、4回は食べたかな。↓の写真はポルト・カンパニャン駅付近のカフェ(たぶんここ)で食べたナタ。

f:id:PommePommeRingo:20210915070333j:image

 

ポルトガル風豚肉サンドイッチ、ビファーナ

ちょっとお腹を満たしたいときにおススメなのが、ビファーナ(Bifana)という、パンに豚肉を挟んだだけのシンプルなサンドイッチ。我々はポルトにある人気店・Congaで食べました。このお店は結構ローカルな雰囲気でちょっと入りづらいですが、出すメニューはどれもおいしかったです。↓の写真では、しっかりヴィーニョ・ヴェルデを頼んでますね笑。連れ合いが頼んだSuperbockは、ポルトガルでよく飲まれているビールの銘柄です。

f:id:PommePommeRingo:20210915070352j:image

 

 

ポルトの名物ジャンクフード、フランセジーニャ

がっつりこってりなものを食べたいときは、ポルト名物フランセジーニャがおすすめ。トーストに牛肉やらソーセージやらを挟んでチーズを乗せ、トマトとビールを煮込んだソースをかけたという一品です。これ、元はフランスのクロックムッシュをポルトガル人がアレンジした結果だというから笑っちゃいます笑。

↓はポルト(店名は忘れた)で食べたフランセジーニャなんですが、鉄道の時間が迫っててあまり時間がなく、かつ二人ともお腹にあまり余裕がないのに2人分頼んでしまったため食べるのにいっぱいいっぱいで、あまりいい思い出はありません笑 でも味は悪くなかったと思います。

f:id:PommePommeRingo:20210915070449j:image

 

お土産にも!ポルトガルの海の幸

ポルトガルと言えば、豊かな海の幸。バカリャウ(タラ)やイワシなどが特に有名ですね。これらの魚は缶詰になって市場で売っていたりもするんですが、↓の写真の通り、缶詰のデザインがどれも可愛い!旅のお土産としてもおすすめです。

f:id:PommePommeRingo:20210915070517j:image

 

以上、いろいろ紹介してきましたが、総じてポルトガルは西欧諸国に比べて物価が安く、素材や味付けもなんとなく日本人にとっつきやすいものが多かったので、個人的にかなり満足度高かったです!春とか秋とか、ベルギーがちょっと寒いなーって時期の旅先としてかなりおすすめですね。

 

ということで、今回でポルトガル旅行の振り返りは完結、ということにしたいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しているので、良ければ↓のバナーをクリックしてもらえると励みになります!

 

 

 

3泊4日ポルトガル旅行の思い出③シントラ&ロカ岬(2019年3月)

3泊4日ポルトガル旅行振り返り。今回は、3日目に行ったシントラ&ロカ岬観光について。

(関連記事は↓)

3泊4日ポルトガル旅行の思い出①ポルト(2019年3月) - 猫舌ヨーロッパ見聞録

3泊4日ポルトガル旅行の思い出②リスボン(2019年3月) - 猫舌ヨーロッパ見聞録

 

シントラは、首都リスボンから西に30Kmほどに位置するエリア。古くは1000年以上前に北アフリカからやってきたムーア人が住んでおり、その後はこの地を支配したポルトガル王家が避暑地として利用していた場所なので、ムーア人の城跡やポルトガル王家ゆかりの宮殿など、エキゾチックな観光地がたくさんある人気の観光地です。

例によって、細かいアクセス方法や旅のTipsは偉大なる先人にお任せします笑。↓の記事が分かりやすいと思います。

個人でもOK!ポルトガル・シントラ観光の全てを解説【見どころ・まわり方・チケット・アクセス】 | Ça voir! -さぼわーる-

 

上の記事にもある通り、シントラのハイライトはペーナ宮殿・ムーア人の城跡・シントラ宮殿・レガレイラ宮殿の4ヶ所。しかしながら、例によって名所旧跡の中まで入るのをためらいがちな我が家(時間もお金も掛かるので)。今回は1日でロカ岬も回る予定だったので、ムーア人の城跡とシントラ宮殿は外から眺めるだけにして、ペーナ宮殿とレガレイラ宮殿だけ時間をかけて見ることにしました

 

もう一つの目的地が、ヨーロッパ大陸最西端・ロカ岬。連れ合いと私は水曜どうでしょうファンなんですが、ロカ岬は「欧州20ヵ国完全制覇」企画のゴール地点に設定されていた(笑)場所でもあります。この場所で大西洋に沈む夕日を見るのがこの日の目標。旅行の時期は3月上旬なので、日の入りは18時半頃。17時台のうちには岬に着いておきたいところです。

と、いうことで、前置きが長くなりましたが、以下1日の振り返りです。

 

3日目:シントラ&ロカ岬観光

この日は朝7時台に宿を出発し、シントラ行の鉄道が出ているロシオ駅へ。窓口でTrain &Busチケット(たぶん一人16ユーロくらい)を購入し、駅の売店で朝食のパンを買って電車に乗り込みます。シントラ駅までは約40分。

シントラ駅から434番のバスを乗り継ぎ、ペーナ宮殿に到着。この時点で9時半過ぎくらいだったかな?冬場の開門時間は10時なのでまだ入場はできないんですが、既にチケット売り場にはそれなりの行列ができていました。午後は更に混むというので、朝一で行って正解でした。

 

ペーナ宮殿は、噂に違わずインパクトのあるスポットでした。宮殿まで登ると隣のムーア人の城跡も遠くに見えたので、ムーア人の城跡もこれで観光完了ということにします笑

f:id:PommePommeRingo:20210913001240j:image
f:id:PommePommeRingo:20210913001245j:image

 

ペーナ宮殿から434番のバスに乗り、再びシントラ駅付近に戻ります。ここから歩いてシントラ宮殿方面へ。シントラ宮殿は外から見るだけなので、ここもこれにて観光完了。近くの売店で軽食を買ってお腹を満たしました。

f:id:PommePommeRingo:20210913001315j:image

 

三度シントラ駅に戻り、今度はレガレイラ宮殿行の435番のバスに乗ります。ここはしっかりお金を払って中まで観光します。こちらも噂通り、まるでRPG世界に迷い込んだような不思議な空間。真っ暗な洞窟をスマホのライトを頼りに進んだり、深い井戸の中に入り込んだり、ドラクエ気分を味わえました。おすすめです。

f:id:PommePommeRingo:20210913001355j:image
f:id:PommePommeRingo:20210913001351j:image

 

四度シントラ駅に戻ってきましたが、この時点でまだ午後3時頃。サクサク回りすぎて逆に時間が余ってしまったので(笑)、カフェに入って時間を潰します。

| Chalet Saudade | Vintage GuestHouse

 

”サウダージ”と聞いて懐かしい気分になった方は、こちらの動画もどうぞ笑

ポルノグラフィティ - サウダージ / THE FIRST TAKE - YouTube

 

休憩が済んだら、ヨーロッパ最西端の岬を目指して403番のバスに飛び乗ります。1時間弱でロカ岬に到着。ここがヨーロッパ最西端の景色です。なかなかの感動。

f:id:PommePommeRingo:20210913001559j:image
f:id:PommePommeRingo:20210913001603j:image

 

まだ時間は5時過ぎ。日没には少し早いので、またまた岬に併設されたカフェで時間を潰すことになりました。なかなか時間配分が難しい。

6時を過ぎるとかなり人が増えてきます。生憎曇りがちな天気だったため綺麗な日没は見られませんでしたが、まぁ良し。本日の目標達成です。

f:id:PommePommeRingo:20210913001639j:image

 

しかし、大変なのはここからでした。帰りのバスを待つ人がバス停に殺到。我々は比較的早めにバス停に並んだんですが、それでも何台かバスを見送る羽目に。シントラ行のバスは数十分に1本しか来ないため、日没後の3月の屋外で1時間近くバスを待つことになってしまい、かなり体力を削られてしまいました。這う這うの体で9時過ぎくらいにリスボンに帰着。

冷えた体を温めようということで、目についたレストランに入ってスープを頼んだんですが、味がいまいち。最後の最後で結構ハードな1日になってしまいました笑

 

これにて旅程は一通りカバーしたので、次の記事ではポルトガルで食べたもの・飲んだものについてまとめようと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しているので、良ければ↓のバナーをクリックしてもらえると励みになります!