猫舌ヨーロッパ見聞録

猫舌ヨーロッパ見聞録

ヨーロッパ駐在生活と、猫・語学・旅行などについて書いていきます。

3泊4日ポルトガル旅行の思い出③シントラ&ロカ岬(2019年3月)

3泊4日ポルトガル旅行振り返り。今回は、3日目に行ったシントラ&ロカ岬観光について。

(関連記事は↓)

3泊4日ポルトガル旅行の思い出①ポルト(2019年3月) - 猫舌ヨーロッパ見聞録

3泊4日ポルトガル旅行の思い出②リスボン(2019年3月) - 猫舌ヨーロッパ見聞録

 

シントラは、首都リスボンから西に30Kmほどに位置するエリア。古くは1000年以上前に北アフリカからやってきたムーア人が住んでおり、その後はこの地を支配したポルトガル王家が避暑地として利用していた場所なので、ムーア人の城跡やポルトガル王家ゆかりの宮殿など、エキゾチックな観光地がたくさんある人気の観光地です。

例によって、細かいアクセス方法や旅のTipsは偉大なる先人にお任せします笑。↓の記事が分かりやすいと思います。

個人でもOK!ポルトガル・シントラ観光の全てを解説【見どころ・まわり方・チケット・アクセス】 | Ça voir! -さぼわーる-

 

上の記事にもある通り、シントラのハイライトはペーナ宮殿・ムーア人の城跡・シントラ宮殿・レガレイラ宮殿の4ヶ所。しかしながら、例によって名所旧跡の中まで入るのをためらいがちな我が家(時間もお金も掛かるので)。今回は1日でロカ岬も回る予定だったので、ムーア人の城跡とシントラ宮殿は外から眺めるだけにして、ペーナ宮殿とレガレイラ宮殿だけ時間をかけて見ることにしました

 

もう一つの目的地が、ヨーロッパ大陸最西端・ロカ岬。連れ合いと私は水曜どうでしょうファンなんですが、ロカ岬は「欧州20ヵ国完全制覇」企画のゴール地点に設定されていた(笑)場所でもあります。この場所で大西洋に沈む夕日を見るのがこの日の目標。旅行の時期は3月上旬なので、日の入りは18時半頃。17時台のうちには岬に着いておきたいところです。

と、いうことで、前置きが長くなりましたが、以下1日の振り返りです。

 

3日目:シントラ&ロカ岬観光

この日は朝7時台に宿を出発し、シントラ行の鉄道が出ているロシオ駅へ。窓口でTrain &Busチケット(たぶん一人16ユーロくらい)を購入し、駅の売店で朝食のパンを買って電車に乗り込みます。シントラ駅までは約40分。

シントラ駅から434番のバスを乗り継ぎ、ペーナ宮殿に到着。この時点で9時半過ぎくらいだったかな?冬場の開門時間は10時なのでまだ入場はできないんですが、既にチケット売り場にはそれなりの行列ができていました。午後は更に混むというので、朝一で行って正解でした。

 

ペーナ宮殿は、噂に違わずインパクトのあるスポットでした。宮殿まで登ると隣のムーア人の城跡も遠くに見えたので、ムーア人の城跡もこれで観光完了ということにします笑

f:id:PommePommeRingo:20210913001240j:image
f:id:PommePommeRingo:20210913001245j:image

 

ペーナ宮殿から434番のバスに乗り、再びシントラ駅付近に戻ります。ここから歩いてシントラ宮殿方面へ。シントラ宮殿は外から見るだけなので、ここもこれにて観光完了。近くの売店で軽食を買ってお腹を満たしました。

f:id:PommePommeRingo:20210913001315j:image

 

三度シントラ駅に戻り、今度はレガレイラ宮殿行の435番のバスに乗ります。ここはしっかりお金を払って中まで観光します。こちらも噂通り、まるでRPG世界に迷い込んだような不思議な空間。真っ暗な洞窟をスマホのライトを頼りに進んだり、深い井戸の中に入り込んだり、ドラクエ気分を味わえました。おすすめです。

f:id:PommePommeRingo:20210913001355j:image
f:id:PommePommeRingo:20210913001351j:image

 

四度シントラ駅に戻ってきましたが、この時点でまだ午後3時頃。サクサク回りすぎて逆に時間が余ってしまったので(笑)、カフェに入って時間を潰します。

| Chalet Saudade | Vintage GuestHouse

 

”サウダージ”と聞いて懐かしい気分になった方は、こちらの動画もどうぞ笑

ポルノグラフィティ - サウダージ / THE FIRST TAKE - YouTube

 

休憩が済んだら、ヨーロッパ最西端の岬を目指して403番のバスに飛び乗ります。1時間弱でロカ岬に到着。ここがヨーロッパ最西端の景色です。なかなかの感動。

f:id:PommePommeRingo:20210913001559j:image
f:id:PommePommeRingo:20210913001603j:image

 

まだ時間は5時過ぎ。日没には少し早いので、またまた岬に併設されたカフェで時間を潰すことになりました。なかなか時間配分が難しい。

6時を過ぎるとかなり人が増えてきます。生憎曇りがちな天気だったため綺麗な日没は見られませんでしたが、まぁ良し。本日の目標達成です。

f:id:PommePommeRingo:20210913001639j:image

 

しかし、大変なのはここからでした。帰りのバスを待つ人がバス停に殺到。我々は比較的早めにバス停に並んだんですが、それでも何台かバスを見送る羽目に。シントラ行のバスは数十分に1本しか来ないため、日没後の3月の屋外で1時間近くバスを待つことになってしまい、かなり体力を削られてしまいました。這う這うの体で9時過ぎくらいにリスボンに帰着。

冷えた体を温めようということで、目についたレストランに入ってスープを頼んだんですが、味がいまいち。最後の最後で結構ハードな1日になってしまいました笑

 

これにて旅程は一通りカバーしたので、次の記事ではポルトガルで食べたもの・飲んだものについてまとめようと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しているので、良ければ↓のバナーをクリックしてもらえると励みになります!